大剣・角王剣アーティラートについて

まさに王道・角王剣アーティラート

MENU

大剣を代表する1本、角王剣アーティラート

角王剣アーティラートはMHシリーズで最も有名な大剣です。

 

MH4Gでは素材となるモンスターのディアブロスが復活したことでアーティラートも復活しました。
この武器は無属性でマイナス会心ですが、それを差し引いてもトップクラスになる攻撃力が魅力です。

 

MHP2Gではトップクラスの攻撃力に加え、非常に長い紫ゲージを持っていました。
さらに抜刀会心の仕様が当時はマイナス会心の武器でも必ず100%になる事もあってまさに欠点のない武器でした。

 

しかし、再登場した3Gでは切れ味が劇的に短くなってしまった上、抜刀会心の仕様も変更され、大幅弱体させられました。
そのためMHP2Gのような高い評価を得られず、最強の大剣の座から転落してしまいました。

 

しかし、MH4Gでは最強の大剣の座を争える程度に性能が向上して帰ってきました。
まずは切れ味の紫ゲージが3Gよりも2倍ほどになり実用レベルと言える位まで長くなりました。
そして、相変わらず高い攻撃力でマイナス会心を考慮しても1,2を争う高性能になります。
さらにこの攻撃力の高さゆえに抜刀会心スキルでの恩恵が大きく、無属性でも属性持ち以上に高い火力が出せます。

 

ちなみにライバルとしては崩天剣エンテオンカムが挙げられます。
崩天剣エンテオンカムはアーティラートすら上回る驚異の攻撃力を誇りますが、切れ味が白までしか伸びません。
それでも切れ味が紫のアーティラートと互角の勝負ができるほどの性能で、さらに氷属性120も付いてきます。
しかし、切れ味が白だとG級では弾かれやすいので、アーティラートの方が実用的と思われます。

 

またアーティラートはG2の段階で作成することが可能で、さほどレアな素材も必要になりません。
さらにレア9の武器なので極限強化で大極竜玉を使わないので若干ながらやりやすくなっています。
このようにトップクラスの性能ながら作りやすい武器なので大剣を使用するなら是非作ってみてください。

 

新しいチャージアックスについてはこちら