顔は見えなくても同じ人間とゲームを行うには、最低限のマナーを心掛けましょう。

オンラインでマルチプレイをする際のマナーを心得る

MENU

協力プレイのマナー

 

モンスターハンターの魅力のひとつにオンラインでのマルチプレイがあります。
マルチプレイは最大4人まで同時にクエストを行う事が出来る機能で、そばにいる友達以外にも全世界のモンスターハンターユーザーと一緒にゲームをする事ができます。

 

ソロではクリアする事がなかなか難しかったクエストも仲間と一緒に行う事でクリアすることも出来るようになりますし、なにより大勢で一緒にゲームを行う事は楽しいものです。

 

しかし、オンラインでマルチプレイを行う、と言うことは、顔は見えなくても同じ「人間」とゲームを行う事になります。
そのためやはり最低限のマナーは守る必要があります。

 

マルチプレイを行う前に

まずは自分の装備やアイテムはしっかり確認しておきましょう。特にアイテムは自分ひとりは何とかなる程度の数は持参しておきましょう。
マルチプレイは集会所で誰かが作成したルームに参加するか、自分でルームを作って仲間を募るかのどちらかになります。

 

ルームに参加する場合、自分のランクに合っているか、自分の行きたいクエストであるか、カギがかかっていないか、クエストに出発前か、などをきちんと確認しましょう。
自分でルームを作成する場合は、自分の行きたいクエストをしっかり表示するようにしましょう。

 

ルームに仲間が入ったら

ルームに入ったら、もしくは自分の作成したルームに誰かが入ってきたら必ず挨拶をしましょう。「よろしくお願いします」など丁寧な挨拶をしたほうが好印象です。

 

クエストが始まったら

クエストスタート時に支給品ボックスに入っているアイテムはプレイヤー全員に対して支給されているものです。そのため、独り占めするのは止めて、自分の分だけとるようにしましょう。

 

特殊アイテムは早い者勝ちですが、使うことに自信が無ければ手を出さないほうが無難です。
クエストによっては、きちんとした使用をしないとクエストをクリアする事が出来ません。事前にロビーで仲間と相談しとくとよいでしょう。